無線機の基本を学ぶ

無線機の使い方

無線機の使い方 現在、様々な場面で使用されている無線機は、利便性が高い無線の交信手段として重宝されています。
無線機の使い方としましては、まず最初に電源を入れます。方法としましてはボリュームダイヤルを回します。
電源が入りましたら、マイクに向かって話すことで相手に交信することができます。
マイクの音量を調節するのはボリュームのつまみを回して調節します。
交信を行う際はプレスボタンを押しながら話します。
そうすることで、相手側に電波が発信されます。
交信する対象は、チャンネルで特定することができます。
同じチャンネルに登録している人であれば、複数人同時に交信をすることが可能です。
当然1対1での会話も可能となっています。
このように、無線機の使い方はシンプルなものであり、煩雑な操作は必要ありません。
操作方法が簡単である点も、無線機が用いられることが多くなった要因と言えます。
1対1や複数の人と同時に交信ができる利便性の高い機器なのです。

無線機には液晶画面や緊急ボタンが付いているタイプもあります

無線機には液晶画面や緊急ボタンが付いているタイプもあります 工事現場での作業の指示や災害現場での救助の指示、その他にもツーリングで仲間と交信する時などレジャーにも無線機が使われることがあります。
ヘッドセットを取り付ければハンズフリーになるので作業がしやすいです。
一般的に電話でも無線機でも一対一、つまり二人の間で会話を行うことが多いですが、無線機は周波数が合えば複数人と同時に交信が出来ます。
もちろん電話のように相手の喋り終わらないうちに言葉を返すことは出来ず、相手の送信が終わったら、こちらが送信するといった交互の交信になります。
ですが近年は相互に交信が出来るタイプも登場しています。
さて無線機にも小さいながら液晶画面の付いているものもあります。
機器の設定を行う時に便利ですが、それだけではなく緊急信号を受信した時に、そこに何らかの表示が出来るようになっています。
機器本体には赤色かオレンジ色のボタンが備わっている時があります。
その多くは緊急用のボタンになっています。
緊急ボタンを押すと本体のスピーカーから警報音を鳴らしたり、緊急信号を近くの機器に送ることが出来ます。
危機に見舞われ、喋ることが困難になっても、そのボタンを押すことで周りに緊急事態を知らせることが出来るのです。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>無線機を活用した新しい健康維持方法が話題に
>無線機を使った電車内のコミュニケーション向上法
>無線機を活用する山中でのコミュニケーション術
>無線機活用案ガイド水中でのコミュニケーションの秘訣
>無線機を使う全ての人必見、周波数についての基礎知識

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>介護士として働くメリットとは?魅力を紹介します。
>介護士を目指す場合はデメリットを知ることが大事
>日本に必須の介護士さん!その年収はいくらぐらい?
>介護士を目指す年齢について知っておきたいこと
>介護士の男女比を見ると圧倒的に女性が多い

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>簡易的に利用できる無線機を購入するときの選択肢
>お手頃料金で利用可能な無線機レンタルサービス
>不要な無線機は買い取りしてもらうことでお金を獲得
>無線機で起こりやすいトラブルの対処法とは
>無線機は古いままで使っていると罰則を受ける可能性があります

◎2019/8/8

子供用の無線機でも十分
の情報を更新しました。

◎2019/6/12

無線機の活用
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

おすすめの使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の使い方
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

無線機の相場価格は?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 チャンネル」
に関連するツイート
Twitter

返信先:24耐でICOMのDPR4使ってますが、2チャンネル設定できるので、一つは身内チャンネルでもう一つにチームチャンネル設定して運用してます。インカムボタンで身内に発信、無線機本体のボタンでチームに発信できるのせ便利です。

新製品情報です。昨年(2023年)6月の電波法令改正で実現したチャンネル増波対応のデジ簡機 (登録局)「FC-D301PLUS」が発売へ。→<上空用15chの受信にも対応>エフ・アール・シー、“増波” に対応した351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「FC-D301PLUS」新発売

絶対利得が2.14dB以下でなければならない。呼出チャンネルは18チャンネル(146.984375MHz)になっている。 GPSを利用した相手の無線機を確認できる位置情報検索機能がある。この機能は常時動作しており停止することはできない。 野生動物監視、ドッグマーカー、

絶対利得が2.14dB以下でなければならない[7]。 呼出チャンネルは18チャンネル(146.984375MHz)になっている。 GPSを利用した相手の無線機を確認できる位置情報検索機能がある。 この機能は常時動作しており停止することはできない。 野生動物監視、ドッグマーカー、

変調方式はAM、周波数は27MHz帯の最大8波(チャンネル)、空中線電力(出力)は最大0.5Wで当初から変わらない。 1970年代後半頃からアメリカ向けの車載無線機による不法CB無線(電波法令上は不法市民ラジオという。)による妨害を受けるようになった。