無線機の基本を学ぶ

無線機の基本知識

無線機の基本知識 携帯電話の普及で昔よりも無線機の使用量は減少傾向にあると思われていますが、実は様々なメリットがあり業務上では経費節減にもなっています。
一般的に無線機と言うとインカムやトランシーバーとも呼ばれていますが意味合いは同じです。
基本的な使用方法としては通話相手とのチャンネルを合わせておけば、電源を入れて通話スイッチのボタンを押しながら話す事によって相手に内容が聞こえます。
話の内容が終わったら「どうぞ」と言ってボタンを離し、次に相手が返事をする場合は相手がボタンを押しながら話す事によって自分に相手の話が聞こえると言う事です。
大人数でやり取りする場合はチャンネルを全員が合わせておけば一斉に話の内容が伝わります。
ここで携帯電話との違いを考えると、話はあくまでもボタンを押している人のみとなるので同じ時間にお互いが話し合う事は出来ませんが、ボタンを押すだけで話が出来る手軽さとランニングコストが電気代だけとなるので経費節減です。
主な基礎知識はこれぐらいですが災害時でも混線する事が無いので、一般家庭でも用意しておく事で大変便利なツールとなります。

無線機のタイプによって交互に交信できる範囲がある

無線機のタイプによって交互に交信できる範囲がある 無線機と言えばパソコンなどに詳しい人なら無線LANのことをイメージするかもしれませんが、2台の無線機を使って交互に交信をするトランシーバーのことについてです。
今の時代は携帯電話やスマートフォンを所有している人が多くなってきているので、トランシーバーを使うことはほとんどないと思います。
ですが、通話料などかかりませんし、せまい範囲で話をやり取りするには意外に便利かもしれません。
せまい範囲と言っても業務用ともなれば簡易的なものであっても10km程離れていても交信が可能です。
一般的にレジャーなどで利用されるものは1km未満程になります。
もちろん建物や山などの電波を遮る障害物がある場合は、もっとせまくなります。
用途としてはレジャーだけでなく工事現場などで離れた所にいる作業員や警備員との交信にも使えますし、工場内や倉庫、広いお店の中でも使えるでしょう。
チャンネルを合わせれば複数の無線機に送信することも可能です。
無線機のほとんどは先にも書いた通り同時に会話をすることが出来ない交互の交信となるので、その点はスマートフォンなど電話のようには使えず、使い始めの頃は違和感を覚えるかもしれません。
一部同時会話の出来るタイプもあります。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>無線機を活用した新しい健康維持方法が話題に
>無線機を使った電車内のコミュニケーション向上法
>無線機を活用する山中でのコミュニケーション術
>無線機活用案ガイド水中でのコミュニケーションの秘訣
>無線機を使う全ての人必見、周波数についての基礎知識

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>介護士として働くメリットとは?魅力を紹介します。
>介護士を目指す場合はデメリットを知ることが大事
>日本に必須の介護士さん!その年収はいくらぐらい?
>介護士を目指す年齢について知っておきたいこと
>介護士の男女比を見ると圧倒的に女性が多い

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>簡易的に利用できる無線機を購入するときの選択肢
>お手頃料金で利用可能な無線機レンタルサービス
>不要な無線機は買い取りしてもらうことでお金を獲得
>無線機で起こりやすいトラブルの対処法とは
>無線機は古いままで使っていると罰則を受ける可能性があります

◎2019/8/8

子供用の無線機でも十分
の情報を更新しました。

◎2019/6/12

無線機の活用
の情報を更新しました。

◎2019/4/1

おすすめの使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

無線機の使い方
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

無線機の相場価格は?
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「無線機 範囲」
に関連するツイート
Twitter

返信先:というか、ラジオデパート~秋月の狭い範囲をウロウロしてたのがモロバレでありますw 昔は測定器や無線機屋も何軒かあってんで……

返信先:無線機扱える人間が複数居れば非常時大いに助かりますね。拠点の他に移動機も使えると、電波は光と同じで基本見通し範囲にしか飛ばないですからイザと云う時には山に登ったりビルの屋上に上がれば同じ機材でも遠くの方と交信出来ますなぁ。

違法無線機、ちょっと検索しただけでいろいろ出てくる。 「総務省技術基準適合品」と明記しているのに、周波数範囲:400-470MHz、出力:2Wとか。 無線機を出品するなら、技適番号明記が必須になればいいのに。

返信先:分率の極端に高い会社は、別の控除額が大きいと聞いてます。 クレカ手数料やチケット換金手数料が一部乗務員負担。 無線機使用料。 高速の会社負担無しか会社負担の範囲が狭い等々。 また一部の高営収の乗務員にのみ適用の可用性も。 損益分岐点の観点からも、会社が赤になる可能性が高いです。

返信先:プロの無線は、出れる周波数が決まっていたり、資格によっては放送局に就職もできるんです😆 アマチュア無線は「あくまで趣味」なんですが、資格さえ取ってしまえばいろんな周波数(範囲は指定されてますけど)や、自作のアンテナや自作の無線機で楽しまれてます。資格次第でモールス信号も扱えます😆